今日で3日連荘

久しぶりに良型の鯛を釣って、

満足している船長です。






今日はある船長のお船に乗船して、

鯛釣りに行ってきました。
P7091217





昨日の夕方に電話が入り、

急遽決まった今日の釣行。



船長さんから、

『 鯛が釣れるって聞いたから、
   
 〇船長の船について行こうと思うんだけど・・・ 』


と電話が入り、

私は、

『 〇船長の船のスピードは29ノットなので、

          絶対追走は出来ないよ! 』

と答えたところから始まり、

今日の予定がキャンセルになっていた私は、

『 そのポイント知ってるから案内しましょうか? 』

と乗船決定。

尚且つ、略全行程私の操船。







朝も早よ~から港に集合し、

ポイントを目指し出港!

〇船長は私達より数十分前に出港したとの連絡も入りましたが、

焦ることなく余裕をもって現地へ入る。






〇船長に、

『 釣れました? 』

って声を掛けると、

すでに鯛とアコウをゲットしているらしい。

急いで準備して釣りスタート!

しかし、そう簡単に釣れるわけもなく、

沈黙の時間が。

途中鯛らしきあたりもありましたが、

なかなかヒットせず、

集中力が切れそうになったとき、

同乗させてもらった船長の竿に大きな当たり!

P7091219

魚との格闘を楽しみながら慎重に糸を巻く!

『 この引きは鯛じゃない!

      アコウかもしれん! 』


と根拠のないことを言い、

期待を持たせながら私はタモを準備。

時間をかけて上がってきたのは、

なんと!

P7091221

サメちゃん。

針を外してすぐにポイ!

イヤ、りりーす。

『 ハ~~~、サメか! 

    でも楽しませてもらった。 』

と船長。

変な期待を持たせてしまった私は反省。






船上は少し活気が出たものの、

その後も当分あたりも無し。

ポイントに到着して2時間半が経過したころ、

やっと来ました!

私に鯛の当たり!

慎重にやり取りをして何とか鯛ゲット!

その後釣り仲間にも鯛がヒット。

『 さあ時合だ、釣るのは今だ! 』

と思ったころで〇船長より入電。

『 焼肉するよ~! 船を横に付けんさいや~ 』

って。

『 えっ! え~~~。 』

『 ハイ! 行きま~す! 』

って、ちょっと先に漂っている〇船長の船に横付け。

そして海上で漂いながら焼肉。

一時間ほど午前中の釣果を聞いたり、

美味しいお肉をたらふく食べさせてもらったり、

大人数(2艇で10名)で大騒ぎ。






タイミングを見計らって焼肉から離れ、

午後の釣り開始。

釣り仲間の船が1艇増え、

P7091228

3艇で午後の部開始。

乗船の釣り仲間が本命の真鯛を2連荘で釣り上げ、

午後の部終了。






そして、

苦労した今日の釣果は↓


P7091230

60cmオーバーが2匹と、

30cm弱が2匹。

サメ(リリース) 2匹。




悲しいことにポイントに船長を案内してあげたけど、

船長はサメしか釣っていないのでお土産が無いの。

だから私が釣った鯛は乗船させてもらった船長にプレゼント。

嬉しそうにクーラーに入れたのはいいけど、

しっぽが大きく折れ曲がって蓋が閉まらないんですけど・・・

って苦笑してました。

今日、晩酌で鯛のお刺身を楽しまれたことでしょう。






今度は何を釣りに行こうか?

得意のアレ!ですかね?

五感で釣るおっちゃんに情報流したら、

飛びついてくること間違いなし。

また報告いたしま~す。

予想に反して

『 お仕事で釣りに行けないかも・・・? 』

って昨日書いておきながら、

今日も海に出ている船長です。

実は諸事情あって急遽明日も・・・





さてさて、

今朝も早くからアジからの~、

ウマヅラを釣りに出かけました。

メンバーは昨日のお客様といつもの釣り仲間?

合計4人で。





ポイントに近づくと、

なんと一艇船がいるではないか!

こりゃ今日はアジは釣れないかもね~。

少し諦めポイントに近づくと、

なんと!

その船はお知り合いの社長様の船。

『 横にお邪魔させていただきま~す! 』

って断りを入れて一緒に釣りをさせて頂きました。







が、しかしこの状況は私たちにとって不利。

お知り合いの社長様と情報交換すると、

まだ本命のアジは釣れていないらしい。

『 釣れないかも 』

って思いつつも釣り開始。






私以外の3名が竿を出し、

私は裏方に徹しました。

釣りを始めて10分程度、

本命の当たりが出始めた!

最初は何度か魚をバラシ、

やっと上がってきた本命のアジにちょっと一安心。

その後は3人に順調にアジがヒット。

これでお土産は大丈夫!

と安心していましたが、

お知り合いの船長の船ではアジが釣れてい無いようで・・・(゚Д゚;)

後から来た私たちがどうも邪魔したみたいで、

非常に申し訳ありませんでした。

社長様、お許しください。<m(__)m>






釣り始めて約2時間、

潮止まりの少し前に次の予定のウマヅラ調査へとポイント移動。

移動した先で状況を探ってみると、

なんとも渋い反応。

しかし、若干期待は持てるので仕掛けを変更し、

第二の目的のウマヅラ釣りをスタート!






釣り始めて数十分、

やっとウマヅラの当たりが出始めたのだが、

なんと小さな当たり、

波で竿先が揺れたのか?

当たりが出ているのか?

全く分からないぐらい極々小さなあたり。

みんなで、

『 あ~~~! 』

     『 え~~~! 』

だの、

『 乗らんかった~! 』

    『 当り小さっ~~~! 』

なんて言いながらの、

『 ふ~~~ 』

って時折聞こえてくるため息を聞きながら、

なんとか第二の狙いのウマヅラをゲット!






途中まで操船に徹していた私ですが、

先ほどのアジ釣りのポイントで、

邪魔をしてしまった船長のお土産を釣るべく竿を出し釣り始めた。





自分で釣ってみるとよくわかる!

当りは渋いしわかりにくい。

魚探には抜群の反応が出ているが、

竿先に出る当りは極々小さいし極々少ない。

しかし皆さんもそして私も頑張った!

で、なんとかお土産を確保し、

AM10:30早めの納竿。






帰り道、社長さんがアジのポイントにおられたので、

『 ウマヅラ要ります~? 』

って声を掛けるといい返事が返ってきたので、

先ほど釣った3匹を社長へとプレゼントしました。

『 これで勘弁してください 』

と心の中でつぶやきながら。






で、今日の釣果です↓

P7081214

社長、これ見て本当に怒らんでください。

ウマヅラで勘弁してやってください。

今度ウマヅラのポイントへ案内しますんで。





さて、明日は急遽他の船長の船へ乗船することに。

日頃お世話になっているので、

ちょっと最近鯛がよく釣れている場所へ案内に行ってきます。

釣れるといいのだけど・・・

頑張ってきます。

久しぶりに自分の船で

今年二回目の脱皮中の船長です。

自分の船ではあまり海へと出ていませんが、

よく人の船に同乗させていただき、

日焼けばかりしております。





最近は自分で魚を探し回っていないので、

『 釣りに連れてって~! 』

と言われても、

正直自信が無いし、情報が無いしで、

『 ハイ!行きましょう! 』

とは言えない。

人と釣りに行くのに一か八かの釣りは出来るだけしたくない。

一緒に行くなら楽しんで釣って、

ちゃんとお土産も持って帰ってもらいたい。

そんな気持ちが強くてなかなかいい返事が出来ない。






そんな状況でも、

今日はお客様でもあり、釣り仲間?

でもある方と海へと出ました!

狙いはアジですが、

今後のためのポイント調査を兼ねて出てみました。






久しぶりに朝も早くから出港!

ポイントに到着し早速釣り開始!

すると第一投目から狙いのアジがヒットするじゃありませんか!

オイオイ! 何て日だ!

仕掛けを落とすごとにアジがヒット、

たまに小メバルがヒットするが、

本命のアジが次々あがって、

釣り開始から30分でお土産確保。

その後1時間暇しない程度にアジが釣れ、

あっという間に生け簀はアジがいっぱいに。






さて、そろそろ潮が変わるので、

青物のナブラ打ちにでも行こうか?

それとも、太刀魚の姿でも確認に行こうか?

小鯵の群れを探しに行こうか?

って考えながら船を走らせたが、

どれも当て外れ。

途中で少しメバルを釣って結局は港へと帰りました。






そして自信が無い中出た結果の今日の釣果です。

P7071209

結果、到着後1時間半でそれなりにアジを確保し、

お客様は今晩、

『 アジを刺身と塩焼きにする! 』

って楽しそうに帰って行かれました。






しかし、よ~釣れましたわ。

今後もこの勢いで釣りには行きたいけれども、

そろそろお仕事が動き始め、

日程が埋まり始めてる・・・(@_@;)

釣りに行けないかも?

おっ!

萩で泊りの仕事もあるので、

仕事しつつの日本海で釣り三昧できるかも?

いかんいかん、お仕事がんばろ~。
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 今日で3日連荘
    • 今日で3日連荘
    • 今日で3日連荘
    • 今日で3日連荘
    • 今日で3日連荘
    • 予想に反して
    • 久しぶりに自分の船で
    • 良い情報頂きましたので
    • 長~い一日